引越し手続き・引越し準備に関する情報の提供と、引越し見積もり比較サービスの紹介をするサイトです。
   
     
  ホーム > 引越し手続きについて > 引越しと電気  
     
 


引越しと電気

引越しの際には引越し元では電気をとめなければならず、引越し先では電気を開通させなければなりません。

つまり、電気も引越しをしなければならないのです。電話でもそうですが、電気の場合も引越し先が関西なのか関東なのか、または九州なのかなど、地方によって行うべき電気に関する手続きや行動が変わってきます。同じ管轄内での引越しであれば、電気の利用停止と利用開始の手続きはさほど大きな変更もなく、口座振替であれば元の口座からの引き落としのままで、電気を使うことができます。

管轄が違う場合には引越し元の電力供給会社で電気の利用停止の手続きをしたうえで、新しい引越し先の電力供給会社と電気利用開始の手続きをする必要があります。

このような手続きの申し込みは各々の地域を管轄する電力供給会社のウェブサイトで、引越しを行う方の状況に合わせて受付を行っています。

これから引越しを予定している、引越しをされる方で電気についてまだ何も考えていない、という場合には、地域に合わせた電気を供給している電力供給会社のウェブサイトで、詳細について確認しておくのが良いでしょう。

実際に引越しが確定しているのであれば、予定を立てて電気の利用停止と利用開始を考え、予めそれぞれの申し込みをしておくことをおすすめします。

スポンサード リンク
 
     
© 引越し手続き・準備&見積もり比較ガイド 2007